忍者ブログ   
admin Entry Res mixi Twitter Twitter Log Main Tank Lorry
  色廃人オッサン無名脆弱勢のポケモンブログというかメモ的なもの
                       
   
今年のジャパンカップ前の4月15日に、
第2回竜王戦
が開催されることが発表されました。
まぁ色々なご意見もありましたが、それでも開催していただけると言う事はありがたいことです。
   

   


さて。
お兄ちゃんは第2期竜王への道は潰えてしまいました。

しかし!!我が家にはおチビがまだいるのです。
今年の日本代表決定戦後のミーティングで、上位4名は本戦へのシードが決定していました。
コロコロチャレンジにも出場してもいいとの事だったので、世界大会でも使ったバンドリマンダ軸をメインROMと言うサブロムで。
サナバレル軸をメインROMと言う内容で参加しましたが、何故かどっちも全然勝てない。
完全に気が抜けてしまっていると言う状況。

ちーほくやお兄ちゃんと同じグループになった時の援護射撃の為にも、何とか上位に入ってほしかったのだけど、気合入れても空回りで全然ダメダメ。
結局西日本地区32位に入ることが出来ず、出場する事さえできませんでした。



でも、まぁ少しづつポケベを取り返しつつ、お兄ちゃんとやったりレートやったりして、何とか第2期竜王を!と頑張っていました。


も。
例のルール発表。
流石に愕然とした。
ルール詳細はこちらを。
よく見たら、このページには書いてないけど、技、特性、性格、道具はデッキシートに記入し、それを対戦時に相手に開示して対戦します。
今考えたらこれ表記してないのもおかしいよね?w。


お兄ちゃんは、今回抜けた場合、自分はどんなパーティーを使うか、と言う事を西日本大会前にぼんやりと考えていたらしく、自分が抜けれなかった時点で、その構築は弟に!と、大阪から帰るサンダーバードの中でたたき台であるパーティーを話してくれました。

現時点で考えられること。
・間違いなくディアルガが強い。
・次点はレックウザ、その次はホワイトキュレムあたり。
・いわゆるCHALK構築にディアルガぶち込んで、と言うのが一番多分楽。
・ディアルガ軸にはクレセポリ2辺りを入れてのスイッチトリパと言うのも全然あり。
・ディアルガだとメガ枠は間違いなくガルーラになるので、変身ドーブルとかも面白いかも。
・レックウザ軸は、クロバレック、ヌケレック辺りがポイント。
・天候取れずともホワイトキュレムで素吹雪連打してるだけでもきっと強い。
などなど。

それらのことを踏まえたうえで、お兄ちゃんが軸である4体を告げた後に言った事は、
「4体固定で技性格特性持ち物バレでしょ?それでも択時間45秒ならギミックゴリ押しでいけるんじゃ?」
正直何を言ってるのk(ry

とは言え、考えたパーティー案を聞くとなんとなくいいような気がした。
以前父といもん!で組んで本屋さんのマルチの大会に出た時のパーティの派生と言う感じで、ギミックを発動させる時に隣がサポートし阻止させないようにする、と言う感じ(もうバレてるとは思いますが、もう少し待ってw)。

そして大阪から帰ったその日のうちに厳選準備を開始し、過去作をひっぱり出してきて適当に組んで、お兄ちゃんが現在考えられるディアルガ軸、レックウザ軸、ホワイトキュレム軸それら全てを何パターンか作り、4体固定で対戦し、それをひたすら煮詰めていく、と言う形を取りました。



なので、俺はパーティーが出来ないと言うTweetはしてないと思いますw。
厳選辛いとかは呟いたけどねw。
レンタルの呟きなんかもしたが、それは当然のようにトラップですw。


決めたそのパーティーを使っていくと決めていたので、軸となるギラティナは最初に厳選し、3日ほどで5V1Uをツモり、後は万が一軸を変えた場合用に上にあげた数体を厳選。
もちろん俺なので何とか色違いで!とやってたけど、ギラティナが色違いじゃないのもあり、結局間に合わずw。

兄弟で対戦し、ここはこう変えて―ここはこうしてーと仲よ・・・喧嘩しながらの練り直しw。
父の意見はある程度は通ったが、基本的には兄弟で決めました。
まぁ準備は俺だけどねw。厳選も孵化作業も努力値振りも手分けして手伝ってくれました(努力値は初めておチビがほとんどを振りました)。

その4体のうち3体を入れ替えて使うと言う事になるので、そのギミックを生かせるよう生かせるよう考えて準備。
最後の最後はドーブルだったけどねw。



結局練習嫌いなおチビを騙し騙しで約200戦(模擬戦含めると+200戦くらい)。
本当にギリギリの構築となりました(なのでまだ完成系とは言えない)。

小学生が一目で気付くか、気付いたとしても90秒の選択時間(4体固定ですが出す順番は変えられる)、45秒の技選択時間、それら含めて対応できるのか。
対応された場合にこっちがどう動くか。
今回のルールでは練習すらできない環境。
この環境は、我が家の様にある程度の実力を持った兄などがいる場合はある意味好都合。

入替出来る状況、つまり決勝トーナメントに上がった場合の不安はなかった訳ではない。
特に決勝の場合、スケジュールを見る限り待機時間があるので対策練られるときつい。
って言うか、これ抜けれないでしょ、きっと、と言う思いもありつつw。

それでもそれをカバーすべく周りを固め、まさかのハリテヤマのインファイトを抜くと言う暴挙などもありつつw、当日朝、それこそ会場入りする瞬間にも一体持ち物変更するなど、本当に辛かった。

って言うか、それ以前の問題で、このルールを理解してもらう大変さ。小4に理解できるわけないでしょ?実際やってみないと分からないです。
挙句大会1週間前のレギュレーション変更(実際大会当日にも変更と捉えていい状況があった)。
ホントに大変だった。
何度も何度も公式に問い合わせた。ただのクレーマーであるw。



とまぁ、はっきり言ってどうなるか分からない。
とりあえずの目標は予選で1勝以上。
兄であるいもん!が不貞腐れ継続中で一緒に東京に来てくれないって事も不安だった(的中だった)。

それでも大会はやってくるのです。

出発当日まで、俺が行くのか嫁様が行くのかすら決まっていない状況。
当時、漁自体は好調で毎日鯖で涌いてて、責任者である俺が2日も連続で休むことは不可能と感じられてた訳です。
とりあえず翌日の28日は休みが取れたので、当日朝に向かうつもりで嫁には前日出発での付き添いをお願いして、何とか調整してく事に。
嫁的には一緒に行くと情緒不安定になっちゃう!とのことで、本当に行きたくなかったらしいw。


も、26日朝、2名が明日休ませてくれとか言い出し、それならば俺も休むから休みで!とw。
鯖が切れ始めてた感じもあったので、万一27日に一杯捕れたとしても、それはそれ。
その週頭には今年度目標額を突破し、後は上乗せしていく分だけだったので、そういうのも追い風となった。


26日11時56分。ミヤヒヨケヤさんと同じ北陸新幹線はくたかに乗って、
 
ちーむほくりくサンダーバード隊は東京へと向かったのでした。

拍手[2回]

PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
        
           
  
カウンター

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
Mah36
年齢:
45
性別:
男性
誕生日:
1971/11/20
自己紹介:
腐れ氷見ブリ漁師
'71生まれの二児のパパ
mixi勢:Mah36
Twitter:mahpooh36
変人
酒とタバコと女どれやめる?→やめる位なら人間やめるわ

▽以下ポケモン関連▽
ポケモンやるモチベーション→ポケベの命名者
色廃人
対戦スキル皆無
ポケモン富山勢“霰組”相談役
age40オッサントレーナー集団”トロッコ団”代表
ちーほく所属
北陸オフ勢
ジュニア勢
・長男(山本隊員960番弟子)2016よりシニア
・次男(山本隊員961番弟子)

実績
第2回竜王戦ゲーム部門
・長男:西日本大会予選敗退
・次男:準優勝

WCS2015 VGC-Jr 
・長男:世界25位(JC6位 決定戦敗退)
・次男:世界24位(JC17位 日本代表3位)

WCS2014 VGC-Jr 
・長男:5位(JC45位再々召集 決定戦敗退)
・次男:25位(JC43位再招集 日本代表Best8)

第1回竜王戦ゲーム部門
・長男:ラストチャレンジ敗退
・次男:ラストチャレンジ敗退

2013
・長男:日本代表決定大会予選敗退(JC16位)
・次男:日本代表決定大会予選敗退(JC6位)
ポケモン3on3 コロコロチャレンジ
・長男:チームサンダーバード 大阪大会ベスト8 東京大会ベスト4
・次男:チーム次男坊 大阪大会ベスト8 東京大会ベスト4
最新コメント
注:=返信済み
[06/29 つがーるさん]
[02/03 某ルルーズの人(S.R)]
[01/10 MIO★のとーちゃん]
[12/11 MIO★のとーちゃん]
[12/07 MIO★のとーちゃん]
ブログ内検索
バーコード
にほんブログ村
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) 霰組相談役のぼやき ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++